ジャングルブログ

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやエッセイを書いていきます。

キャンプの服装ってどうすればいいの?キャンプウェア夏コーデ《下半身編》

なんでもそうなんですけど、いつも思うのが

 

「これ、最初に食った人すげー!!」

 

です。

 

野菜でも結構グロテスクなのがありますけど、キノコとか。

やっぱり1番ヤバいのは「海洋生物」だと思いませんか?

 

魚も大概だけど、際立ってるのはイカとかタコとか、あと甲殻類。

エビはムカデでカニは蜘蛛。

陸上に上がったら絶対そう。

クラゲやナマコ。

 

「これ、食えるかな?」

 

ってなります??ウニとか。

 

先人達にこう言いたい

 

 

「破天荒にも程がある!!!」

 

 

そして、美味しいものをありがとう。

 

f:id:campmedaka:20170609130935j:image

出典:LANTERN

 

さて、今回はキャンプでの服装についてのお話です。

キャンプデビューは「夏」という方が多いと思いますので「夏コーデ」に絞って紹介します。

 

 

実用性〈Practicality〉

 当たり前の事ですが、ヒールやスカートは無しですね。男性がスーツでキャンプに来てるようなもんです。

とてつもなく違和感があります。

なぜなら「実用的」じゃないからです。

なにも、アウトドア用の靴じゃなきゃダメってことじゃないんです。

スニーカーでいいんです。

オシャレなアウトドアウェアも出てますが、お気に入りで汚したくない場合も避けた方がいいです。

キャンプ場は、舗装されてない山や高原がほとんどです。

 

雨が降ったら泥が跳ね返る。

焚き火をしたら火の粉で穴が開く。

 

それを踏まえて「実用性」のあるものをお勧めします。

 

靴〈shoes〉

f:id:campmedaka:20170609173343j:image

出典:Danner 

 

折角だから買っちゃおうかな〜って思ってる方の為にお勧めを載せておきます。

 

KEENかっこいいよ。

 

そして安定のNORTHFACE

こんなの履いてたらオシャレキャンパーに近づきますね!

あと、サンダルも持っていった方が何かと便利です。

これも何でもいいんですが、こんなのもいいですよ。

 

ビルケンシュトックのネイビー

普段歩きなれない野道は意外と危険です。

大きな岩や木の根、窪みにできたぬかるみなどなど、結構つまづいたりします。

しかもそれが夜になると真っ暗で見えません。

靴は歩きやすいものがいいですよ!

 

パンツ〈pants〉

f:id:campmedaka:20170609222419j:image

 出典:BE-PAL

 

パンツもわざわざ買う必要はありません。

いつも履いてるもので全く問題ありません!

ただ、汚れるのは覚悟して下さい。

動きやすくて、丈夫で、汚れてもいいものを選んで下さい。

 

「夏だからハーフパンツなんだけど…」

 

ご心配には及びません。

ハーフパンツ全然オッケーです。

気を付けて欲しいのは、夏とはいえ、キャンプ場の朝晩は冷え込みます。

昼間は日差しがあって暑く感じても、夕方からかなり涼しくなります。

出来れば、調節が出来る服装「重ね着」をお勧めします。

ハーフパンツなら、トレッキングタイツを一枚用意しておくなど、夜の冷え込み対策を考えておきましょう。

 

敢えて紹介するなら、

こんなのもいいし、

 

こんなのも便利です。

 

肌の露出を抑えれば防虫にも効果がありますよね!

もちろんオシャレをするのも、キャンプを楽しむことのひとつだという方もいると思うので、ビビットな流行りファッションも選択肢のひとつだと思います。

中にはガチなワイルドキャンパーもいることでしょう。

それも楽しむことのひとつであると私は思います。

 

ともあれ、最初は機能性・実用性を優先してキャンプ場に足を踏み入れることをお勧めします。

 

それでも尚、

 

「俺は俺だ!夏はステテコだ!!」

 

というやつには、ふくらはぎ目がけてサッカーボールキックをお見舞いしてあげましょう。

 

 

以上が、キャンプ場の夏コーデ下半身編でした。

キャンプウェアを万全に楽しいキャンプライフを!

 

お役に立てれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。