ジャングルブログ

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやエッセイを書いていきます。

テントの種類《ベルテント》おしゃれキャンパー

いつもは小ネタから入りますが、今回は小ネタ無しです。

小ネタを楽しみにしていたチビッコのみんな!

ごめんよ〜〜。

 

ただひとつ言えることは、

 

「腕白でもいい、逞しく育って欲しい」

 

です。

丸大ハンバーグです。

 

テント《天幕》

f:id:campmedaka:20170613204718j:image

 

テント(英: Tent )または天幕(てんまく)とは、木や金属の骨組みと布地で居住場所を作る道具である。その歴史は古く、旧約聖書出エジプト記などにも、儀式や居住のために天幕を設営する描写がみられる。

 

乾燥地帯や砂漠の各地を巡回する遊牧民などは簡単に設営解体できる天幕住居を利用する。パオまたはゲルと呼ばれるものが代表的である。

そのほか狩猟民族においても、長期に移動したり、酷暑から逃れるために風通しの良い、簡易の住居として夏場だけ天幕住居を利用する人々もいる。これらの住居は、中で火を焚くことができ、普通の意味でのテントではない。

ゲル (家屋)(モンゴル高原
ティピー(インディアン)
ヤランガ(チュクチ)
イグルー(カラーリット)

 

 一言で「テント」といっても、たくさんあります。

 

ちなみに私はキャンプする前、テントと聞いたら、昔ながらの三角テントをイメージしてました。

 

いざ、キャンプ場に来てみたら、99%ドームテントでした。

便利で快適です。設営も簡単だし、軽いし、手放せません。

 

 

でも今私の中でイチバン熱いのは、

 

f:id:campmedaka:20170613223609j:image

 

ノルディスクのアスガルドです。

Asgard 12.6 Floor set/¥156,000(税抜)

 

 

高い!!!

 

 

とても手が出ない。

 

 

ならば、姉妹ブランドのグランドキャニオン

 

f:id:campmedaka:20170613234335j:image

グランドキャニオンのインディアナ オリーブ

GRAND CANYON INDIANA/¥37,800(税込)

 

 

手が、届く!!!(かも)

 

 

材質がポリエステルなんです。

ノルディスクはテクニカルコットン。

つまり綿が入ってます。

両方にメリットとデメリットはあります。

でも、コットンの方がカッコイイ。。

 

グランドキャニオンは、並行輸入になるので3〜4週間かかるみたいです。

 

 

悩むなぁ〜〜。。

 

 

あと、こんなのもあります。

f:id:campmedaka:20170613235618j:image

ROBENS Klondike(ローベンス クロンダイク)

 

 

か、カッコイイ。。。

 

 

これを見てたら、こんなブログに出くわしました。

ベルテント「ROBENS(ローベンス)クロンダイク」が気になる! – とりあえずキャンプ

けいすけさんの「とりあえずキャンプ」です。

クロンダイクの魅力が詳しく書いてあるので、是非ご覧下さい。

 

 

他にも新しいブランド、neutraloutdoorから

f:id:campmedaka:20170614000345j:image

 

GEテント3.0/¥44,000(税抜)

こちらもポリエステルですね。

 

 

凄い悩む!!!

 

 

でも、ある事に気付いたんです。

 

 

いくら悩んでも、お金は降ってこない。。

 

 

いや、降る!!!

 

降ってくれ!!!

 

と心で叫ぶ毎日です。

 

ドッペルギャンガーからもタケノコテントが出たし、、ベルテント、、欲しい!!! 

 

今回は、個人的なイチオシを紹介しただけになりましたが、如何ですか?こんなテント欲しくないですか?