ジャングルブログ

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやエッセイを書いていきます。

キャンプレポ@青根キャンプ場

子供達は夏休みに入りましたね。

f:id:campmedaka:20170726205147j:image

 

私の夏休みの思い出といえば

 

「タッチ」

 

です。

そうです。

あの、あだち充のタッチです。

 

 

「ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで…。」

 

 

のタッチです。

 

なんか、毎年夏休みになるとやってませんでした??

 

皆さんの夏休みの思い出は、H2ですか?みゆきですか?虹色とうがらしですか?

助けて下さい。

あだち充が頭から離れません。

 

 

さて、今回はキャンプレポ@青根キャンプ場です。

 

 

index

f:id:campmedaka:20170726160538p:image

住所

〒252-0162
住所:神奈川県相模原市緑区青根807
TEL:042-787-1380
FAX:042-787-2654
E-mail:mail@aone-camp.com

 

 

サイト数

公称100サイト

 

※フリーサイトなので、混雑時はもしかしたら地獄絵図の可能性も。

 

※一部予約サイト有(ムーンサイト)

 

※バンガロー多数

 

 

料金

大人 760円 / 小人 540円

駐車代 1,100円

テント 1,100円

タープ 1,100円

清掃料 70円

 

詳しくはコチラ

 

レポート

青根キャンプ場には敷地内にいやしの湯という温泉施設があります。

 

ちゃんと癒されます。

入口付近にいやしの湯があり、そこを越えると直ぐにキャンプ場のいやしの受付があります。

 

f:id:campmedaka:20170726182350j:image

 

いやし受付を済ませ、坂を下ると道志川です。

この橋、去年は豪雨の影響で崩壊してました_:(´ཀ`」 ∠):

 

「自然の力を侮るではないぞなもし」

 

と、道志川の神《ニギハヤミドウシヌシ 》の声が聞こえてくるようです。

 

※そんな神はいません。

 

f:id:campmedaka:20170726182511j:image

 

今度は急坂を登るので、途中で止まらないように歩行者に気を配りながら一気に登坂します。

 

たかはしが行った時は、前の車が坂を登ったところで止まり、どちらに行くか迷ってるようでしたが、ふと視線を落とすと「わ」ナンバーだったので、微笑ましく見守ることにしました。

 

「あ、わナンバーね。」

 

f:id:campmedaka:20170726182912j:image

 

坂を登るとバンガローエリアです。

大小様々なバンガローが立ち並んでます。

 

f:id:campmedaka:20170727130304j:image

 

バンガローというと、いつもこれを思い出します。

プライベートライアンのワンシーン。

オマハビーチ上陸の際に

バンガロール持ってこーい!!!」

ってシーン。

 

皆さんはわかりますか?

バンガローとバンガロールの違い。

 

せっかくなんで、覚え方を教えておきますね!

 

爆発する方としない方。

 

バンガロー見たら思い出して下さいね。

 

「これはバクハツしないホウ」

 

と。

 

 

話を戻します。

 

 

まっすぐ行くと大きな炊事場があり、団体客(修学旅行など)がゴーグルをしながら火起こしをしておりました。(写真撮ればよかったw)

 

その先にサイト(グリーンサイト)がありますが、今回は川辺(リバーサイト)に行きました。

 

f:id:campmedaka:20170727043605j:image

 

グリーンサイトに向かうには更に坂を登ります。

 

ここもかなりの急坂なので、シフトチェンジは行わず、ローのまま登りましょう!

 

「『登りましょう!』じゃねーよ!!今時マニュアル車なんか乗ってるやついねーしww」

 

ですよね。

念の為、左足はブレーキに添えて両足で運転するといいです。

 

f:id:campmedaka:20170727052334j:image

 

坂を登るとムーンサイト(予約サイト)です。

全部は確認出来ませんでしたが、おそらく全て電源付きです。

もしくは、いくつかが電源付きか、全て電源無しです。(絶対当てはまる)

 

f:id:campmedaka:20170727052639j:image

 

このサイトの前にはトイレと炊事場。

 

f:id:campmedaka:20170727052759j:image

 

清潔感あって女性も安心です。

女性的な男性も安心です。

ややこしい。

 

f:id:campmedaka:20170727052952j:image

 

炊事場の手前を左に入り、坂を下るとリバーサイトです。

 

このエリアは比較的サイト数も少なく、静かに過ごせるかな〜と思いましたが、この日はダメでした。

 

多くは語りませんが、この日はダメでした。

 

子供は川に夢中です。

 

f:id:campmedaka:20170727130922j:image

 

川を堰き止めて流れを弱くしてくれてます。

 

f:id:campmedaka:20170727130928j:image

 

深さはありませんが、川なので流れがあります。

絶対に子供から目を離してはダメです。

 

f:id:campmedaka:20170727130940j:image

 

川の流れも弱いから、子供だけで大丈夫だろう。

 

なんて油断は禁物です。

 

f:id:campmedaka:20170727130948j:image

 

思いっきり崖崩れがありました。

 

そこにある看板は

 

「遊泳禁止」

 

ではなく、

 

「落石注意」

「遊泳注意」

 

です。

 

注意してください。

 

 

それと、炊事場にはピザ窯が用意されていて、誰でも自由に使えるようです。

 

f:id:campmedaka:20170727131944j:image

 

まとめ

如何でしたか?

ベテランキャンパーには物足りないかもしれませんが、子連れや初めてのキャンプの方には安心のキャンプ場だと思います。

 

レンタル品も充実してるし、お風呂も歩いていける。

 

直火もOKです。

 

最後に、テンマクのサーカスTCの初張り画像でお別れです。

 

f:id:campmedaka:20170727132247j:image

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

よかったらブックマーク&ツイッターのフォローをお願いしますm(._.)m

キャンパーの人柄

もしかしたら、

 

 

もしかしたら、、

 

 

食べられるようになってるかもしれない!!

 

 

と思って、

 

 

 

少しだけカジって見ました。

 

 

 

 

パクチー

 

 

 

 

やっぱりカメムシでした。

 

パクチーカメムシの匂いの成分についてはコチラをご覧ください。

 

知られざるTwitterの世界

f:id:campmedaka:20170722065407p:image

 先日、サーカスTCについての記事を書きました。

 ここで紹介したように、Twitterでつながりのある方の優しさにより、サーカスTCを購入する事ができました。

 

更に、忘れてはいけません、忘れてはいません!

アーデル☆ハイドさん!!

こちらの記事でも紹介しましたが、クリエイターにしてキャンパーことアーデル☆ハイドさん!

もう一度言います、アーデルのハイドさん!!

 

この方がいたからキャンステを作る事ができました!

女神のような人です!

 

 

「こんなことってあるんだ。世の中に良い人は存在するんだ。人間賛歌だ!」

 

 

Twitterという世界観を、少し見誤っていたのかもしれません。

 

 

そしてつい先日も、たかはしが「無性にキャンプしたい病」に罹った時に、

 

「キャンプしたい!」

 

とツイートしたところ、またもや心の温まる出来事がありました。

 

 

プロブロガーのサリーさん。

Twitterだと、

サリー@ちょっとキャンプ行ってくる(@chottocamp)さん。

 

 

「おい、たかはし!お前に書かせると誰もが有名ブロガーになるじゃないか!ばっかもーん!」

 

 

なんだと!?

これをみろ!!!

キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

 

ライターなんだぞ!!

 

その、サリーさんがなんと、

 

 

「今、道志の森にきてますが、よかったらサイトお使いになりますか?」

 

 

なんて申し出て下さったのです!!!

 

感動しました!!

 

ただ、時間的に合わなそうだったので実現はできませんでした。

 

 

 

次に、たけ(@zuranezurayo)さんからDMがきました。

 

「予約してた『とやの沢』キャンセルすることになったので、キャンセル後すぐに電話すれば予約できるかもよ??電話できるタイミング教えて!そのタイミングでキャンセルするから」

 

…なんなの!?

ちょーいい人(;´༎ຶ ਊ ༎ຶ`)

 

たけさんは、 超有名キャンチューバーです。

 

こちらも実現できずでしたが、凄く胸を打たれました。

 

 

結論

Twitterにいる全ての人がそうとは限りません。

いや、むしろ今回紹介したような例は稀な事だと思います。

 

たかはしの今の結論としては、

 

 

「キャンプ垢の人達は良い人率が高い」

 

 

です。

 

「人のふり見て我がふり直せ」

「情けは人の為ならず」

 

とあるように、たかはしも人のふり見て親切にしようと思います。

それが巡って自分に還ってくるものなんですよね、きっと。

 

 

DMでの個人的なやりとりでしたが、とても感動したので紹介させて頂きました。

紹介せずにはいられませんでした。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

よかったらブックマーク&Twitterのフォローをお願いしますm(._.)m

キャンステ作ってみました

キャンステ、キャンプステッカーの略。

ジャンブロ、ジャングルブログの略。

断トツ、断然トップの略。

 

 

 

「断トツ1位」なんて言ってないですよね?

 

 

 

タイトルにある通り、此の度たかはしキャンステ作ってみました。

 

キャンステって何?? 

このブログを始めて2ヶ月。

ツイッター(キャンプ垢)も同じ頃始めました。

 

それまでは全く耳にしたこともなかった「キャンステ」という言葉。

 

なんだろう、キャンステって。

Can stay?

滞在できる?キャンプできる?ん?ちがう?

ん?ん?ん?ん?ん?ん?ん??

 

と思っていたところ、程なくキャンプステッカーの事だということがわかる。

 

なんだろう、キャンプステッカーって。

わかったところで、疑問が増えただけだった。

 

f:id:campmedaka:20170720071157j:imagef:id:campmedaka:20170720071205j:imagef:id:campmedaka:20170720071210j:image

あぁ!!こういうのね!!

これは、アウトドアブランドのステッカーだけど、要は自分のキャンプスタイルを模したステッカーを自作するって事ですね!!

 

バンドステッカーみたいなもんだ!

 

ちょっと違うか!まぁ、いいや。

 

俺もキャンステ作ってみる

俺も作る。俺も作るよ!!!

作り方なんかひとつもわからないけど、作ると決めたら作る。

 

この時、たかはしの中の「見切り発車」のシステムが音も無く作動する。

 

とにかくやってみるの精神。

 

「とにかくやってみる」をググってみたら、こんなのがでました。

どなたかは存じ上げませんが、たかはしの生き方を肯定してくれてるようなので、勝手に感謝の意を表します。

 

「作る」と決めてからの逆算。

 

完成させる為に必要なことを頭の中で整理して、調べる。とにかく調べる!!!

 

調べてるところで、わからないことがあれば聞く。とにかく聞く!!!

 

自分の中で「イケる」と思ったところで、業者選び。

 

今回はアーデル☆ハイド(@adalheidis7)さんに薦められ「シール直送便」を利用しました。

 

ここからがたかはしの真骨頂!!

 

こちらのシール屋さんの入稿については、イラストレーターで色々やります。

 

その色々が出来ない。

たかはしに出来るわけがない!!

 

取り敢えずやってみた。

 

f:id:campmedaka:20170720182522j:image

 

こんな感じ。

 

「よし。デザインは決まった」

 

色んな指定項目がありましたが、それらを全て無視して入稿しました。

 

取り敢えず形にして送れば、何かしら反応あるし、どうにかなるでしょ。

という勢いに似た無謀さで送ってみました。

 

関係者や同業者から見ると、この行動は甚だ迷惑かもしれませんが、それを気にしてたら何も進まない気がしたので、ごめんなさい!(カチッ)と送信。

 

すると翌日。

 

5項目に渡る修正依頼。

たかはしの感想。

 

 

 

「ですよね〜〜!!!」

 

 

 

よし、なになに、バラバラパス?塗り足し??

 

 

 

 

「何を言われてるのかさっぱりわかりません」

 

 

 

 

同じ日本に住むのに1ミリもわかりません。

取り敢えず、怪しげなところを修正して。

 

「ご指摘の箇所を修正し、再送致します」

 

と、もっともらしく再入稿しました。

 

更に翌日。

 

再度修正依頼のメール。

 

ごめんなさいね、シール屋さん。

 

そして我慢してくれてありがとうございます。

 

ここにきて、やっとたかはしの手に負えない事がわかりました。

 

キャンステ完成!

こうなったら奥の手を出すしかない。

たかはしの究極の奥義、

 

「誰か助けて!!!」

 

を出しました。

 

イラストレーターが使えて、気軽に頼める人を思い浮かべました。

 

そう簡単にそんな都合のいい人なんかいるわけがない。

 

いた。

 

いたいたいたいたあああああああ!!!

 

それは「姉」です。

 

初登場、たかはしの姉。

 

たしかMac使ってたよな〜という朧げな記憶だけを頼りにLINEをしてみる。

 

イラストレーター使える?」

 

イラレ?まぁ使えるよ?どうしたの?」

 

おおお!!

イラストレーターのことをイラレと呼んでる時点で、たかはしの頭の中ではアモーレの鐘が鳴り響きました。

 

あとはトントン拍子!!

 

話が早い!!

 

そして、

f:id:campmedaka:20170720190311j:image

 

出来ました!!!

 

凄い色々修正してくれました!!笑

 

見切り発車って怖いですね〜〜

 

ちゃんとゴールまでたどり着きました!

 

ペグとハンマーが付属品のヒト

軽い気持ちで書いてます。

軽い気持ちで読んで下さい。

 

f:id:campmedaka:20170718002043j:image

 

これ、使った事あります?

 

色んな人に迷惑がかからないように、慎重に言葉を選んでいいますけど、

 

 

 

 

 

捨てていいです。

 

 

 

 

 

物には、

 

「あって欲しいもの」

「あってもなくてもいいもの」

「あったら困るもの」

 

の三種類があります。

 

見てください。

f:id:campmedaka:20170718003354j:image

 

わかりますよね?

 

なんなら、こっちの方がまだいいです。

 

f:id:campmedaka:20170718003451j:image

 

これからキャンプを始める方は、ペグやハンマーまで気が回らないと思います。

 

おそらく、付属のものを使うかと思います。

 

f:id:campmedaka:20170718070434j:image

 

 

 

 

 

捨てていいです。

 

 

 

 

テント本体のクオリティに対して、付属のペグとハンマーの粗雑さ…

 

いっそのこと、付属しないでいいです。

 

あのアルミのペグ、すぐに曲がるし、ちょっとのことで抜けてしまいます。

プラペグも弱々です。

 

初心者の方は、わからないので仕方ないと思います。

付属してるから、こういうものだと思うでしょう。

 

ペグにも沢山種類があるので、どんなのを選んだらいいのか迷います。

 

興味のある方は調べてみるのもいいでしょう。

 

 

私がお勧めするのは「鍛造ペグ」です。

 

鍛造(たんぞう)とは、

金属加工の塑性加工法の一種。 金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形する。 古くから刃物や武具、金物などの製造技法として用いられてきた。

 

だそうです。

 

ま、とにかく「強い」ってことです。

 

f:id:campmedaka:20170718074300j:image

 

こんなやつです。

 

巷では、ソリステエリステが人気です。

 

 

ソリステ

snow peakのソリッドステークのこと。

f:id:campmedaka:20170718075142j:image

30cmのもので1本453円(amazon)。

テント張るのに8本必要だとすると3,624円。

高い…

 

 

エリステ

村の鍛冶屋のエリッゼステークのこと。

f:id:campmedaka:20170718075957j:image

28cmのもので8本セット2,851円(amazon)。

1本356円の計算です。

 

 

もしかしたら高いと感じるかもしれませんが、あっては困る付属品と比べると使い易さは歴然です。

 

やはり無課金ユーザーと重課金ユーザーとでは差が出ます。

 

同じ鍛造ペグでも、

 

 

これなら1本150円ぐらいです。

見た目のかっこよさはソリステやエリステより劣りますが、弱々のアルミペグやプラペグよりもはるかに強い鍛造ペグであることには変わりありません。

 

 

微課金から始めて見て下さい。

 

次に、ハンマーについても同じ事が言えます。

 

 

ハンマーはヘッドの重さと振り下ろす力に比例してペグに対する衝撃も大きくなります。

つまり、ある程度の重量があった方がスムーズにペグが地面に埋まっていきます。

 

付属品にはその重量がありません。

 

「軽い」ということは、携帯には便利かもしれませんが、どうしても軽くないと困るって人以外は、買い替えをオススメします。

 

 

やはり人気は、snow peakや村の鍛冶屋。

f:id:campmedaka:20170718093544j:image

f:id:campmedaka:20170718093553j:image

 

キャンプを続けていく人にとっては、あまり気にならない値段なのかもしれませんが、何回使うかわからない。一回で終わっちゃうかも。って人にとっては、高いと感じるかもしれません。

 

 そんな方にはコチラ。

 

amazonベストセラー商品です。

フォルムも似てるし、遠目からはsnowpeakです。

 

「おっ、あの人のハンマーsnowpeakじゃん。…ん!?」

 

となったところで、見えないところまで移動して下さい。

そうすればsnowpeakです。

 

snowpeakであり続けるのは大変ですね!

ホント、野遊びって大変!!

 

 

ということで、見出しも付けずに一気に書き上げましたが、ペグやハンマーを見直すきっかけになれば幸いです。

 

 

ペグを鍛造にして、楽しいキャンプライフをお過ごしください。

 

 

よかったらブックマーク&ツイッターのフォローをお願いします!!

雨のキャンプで楽しむ方法

宇宙の話って盛り上がりますよね。

なんかこう「無限」な感じがいいんですかね?

男だけが感じるロマンなのかな。

 

そんなことないですよね。

 

 

金星は1年より1日の方が長い

 

 

なんて事実を突きつけられて、何も感じない人っているのかな。

知れば知るほど、宇宙の壮大なスケールに心がトキメキます。

 

index

 

f:id:campmedaka:20170716061758j:image

とかく雨の多い日本で、キャンプ場で100%雨に遭わない方法はありません。

どれくらい雨が多いのか気になったので、年間で雨の降る日数を調べてみました。

 

堂々の1位は秋田県の177日。

確率でいえば2日に1度は雨が降る計算です。

 

最下位は山梨県の82日。

それでも5日に1度は雨です。

 

ちなみに、たかはしの住む神奈川県は103日で37位でした。

 

気になる方はコチラをご覧下さい。

 

台風

f:id:campmedaka:20170716071148j:image

もし台風にぶつかってしまったら、ちっぽけな人間の力では到底抗うことはできません。

楽しみにしていたキャンプだとしても、ここはキャンセルする事を強くお勧めします。

 

 

「逸れるんじゃないかな。。急に進路を変えるんじゃないかな。。。」

 

 

その気持ち、わかりますよ!!!

楽しみにしていただけに、念力で台風のコースを変えられるんじゃないかという強い意志。

わかります!!!

 

 

温帯低気圧に変わってくれたら。。。」

 

 

おおおお!!!

普段は全く気象の事には疎いのに、俄然専門用語で自らを鼓舞する気持ち、痛いほどわかります!!!

 

 

でも、

 

 

もし念力が使えたとしても台風をどうこうすることは出来ないし、温帯低気圧に変わっても、雨や風が弱まるって意味じゃないみたいです。

 

台風や大雨が予想されるときは、

 

 

「ちょっと川の様子見てくる」

 

 

などと言わずに「家キャンプ」とか「自宅居酒屋」とか面白い事を発明して、家で楽しみましょう。

 

 

ちょっとぐらいの雨

油断は禁物です。

特に川の近くのキャンプ場の場合、自分たちがいる場所では小雨でも、上流の方では強く降って鉄砲水がこないとも限りません。

 

わかってると思いますが「中洲」はやめておいた方がいいです。

 

新しい記憶では、丹沢のウェルキャンプ場での事故。

 

そして、かの有名な玄倉川水難事故。

 

楽しいキャンプに水を差すわけではありませんが、このような悼ましい事故につながるような選択を避け、雨奇晴好を楽しみましょう。

 

雨対策

 

傘・サンダル・ゴミ袋

 

雨キャンプの三種の神器ですね。

猪鹿蝶とも言えます。

 

 

「なに言ってんの〜?キャンプにはレインウェアが常識ですけどぉ〜?傘なんかと比べても両手が空くし、レインウェア一択ですけど〜?」

 

 

違います。

確かにレインウェアは便利だし、仰る通り両手が空くので設営や撤収の時にはあった方がいいでしょう。

 

でも、ちょっとトイレに行くとか、車に行く時に、濡れたレインウェアにまた袖を通していくのは頂けません。傘は絶対あった方がいいです。

 

それからレインブーツも素敵だと思いますが、濡れない対策より、濡れてもいい工夫をする事が大事です。

 

そこでサンダルです。

 

もう、いっその事、濡れちゃいましょう!!

どうせ全ての雨を避ける事は不可能なんだし、水たまりだってある。

ここは敢えて水たまりに足を突っ込むぐらいの勢いで、サンダルフィーバーを演出して下さい。

 

ゴミ袋は濡れたものをボンボン入れていく用の袋です。45リットルより、60リットルとか90リットルのデカイやつだと何も気にせずボンボン突っ込めます。

 

 

雨の中での遊び

結局のところ、雨のキャンプで何して遊ぶか。

ツイッターで聞いたところによると、

 

・読書

・ウノ

・ひたすら焚き火

・川の様子を見にいく

 

最後のは嘘です。

見に行かなくていいですからね!

フラグ立っちゃいますからね。

 

大体はテントの中で過ごす感じになってしまいますね。

 

雨音を聞きながらの読書なんか最高ですよね〜

まさに晴耕雨読

 

ひたすら焚き火はコットンタープの下というのか大前提となるので、ポリエステルの方は自己責任でお願いします。

 

その他にも、工作をしたり、足元に気をつけながら散策をするのもいいかと思います。

 

 

まとめ

個人的には、晴れてる方が楽しいに決まってるんですが、雨でも工夫次第で楽しくできるはずだと思って色々考えましたが、やっぱり雨はキビシイです。

 

止みそうもない雨ならば、早めの撤収がオススメです。

切り替えが大事ですね!

 

 

「うわぁ…雨だぁぁ…何もかも最悪だぁ…」

 

 

なんてこの世の終わりのような顔をせずに、大変な思いをした分だけ、経験値を積み、キャンプレベルがあがります。

 

止む雨ならば、そのまま残る事をオススメします。

止んだ後に、テントや他の道具を乾燥させてあげましょう!!!

 

気が付けば長文になってしまいましたが、冒頭申し上げた通り、日本は雨が多い国。

 

キャンプに行って、晴れてる方が珍しいのかもしれません。

 

あとはもう雲の上まで行ってキャンプですかね!

 

晴天のキャンプに感謝しつつ、雨ニモマケズ、賢くキャンプライフをお楽しみ下さい!

 

 

よかったらブックマーク&ツイッターのフォローをお願いします!!

 

キャンプ経験者とデビュー前未経験者の違い

もうヒアリのやつ、やりたい放題ですよね。

 

今日行ったホームセンターでも、殺虫剤コーナーが充実してて凄かった。

 

これがアース製薬の戦略だったら頭が下がる。

 

まるでマルコム・マクラレンとヴィヴィアン・ウエストウッドのようだ。

 

 

キャンプのイメージ

f:id:campmedaka:20170713235155j:image

以前このブログで「ツーバーナーがなくたってカセットコンロで十分」って内容を書いたところ、その記事を読んでくれた方より、

 

 

「カセットコンロでもいいんだ〜!?そんなの持って行ったら恥ずかしいと思ってた〜」

 

 

なんて意見がありました。

なんか、逆に、

 

 

「そんな考え方もあるんだ〜!?」

 

 

って思いました。

 

だって、別に審査員がいるわけでもないし、品評会に来てるわけじゃないんだから、誰に見られるわけじゃないのに。

逆にジロジロ見てこられたら気持ち悪いです。

 

仮に、見られてたとしても、花より団子。カセットコンロの利便性の高さを「知ってる」ベテラン風な面持ちをしていればいいのです。

 

それでも心配な方はコチラ

日本最大級のキャンプマガジン「キャンプハック」を見て安心してください。

 

 

使い方としては、

 

 

「えwwお前、ツーバーナー持ってないの??キャンプにカセットコンロとかねーわーwww」

 

 

と言われたら、

 

 

「エヘヘへ(;´д`)ツーバーナー高いしさ…。カセットコンロは家にあったから、そのまま使えるかなと思って。まだ燃料もガスかガソリンかで迷ってるところもあったし、使えるものは使うっていう工夫をするのがキャンプの醍醐味なのかな、なんて思ってさ。それに、

キャンプハックに載ってたから。」

 

 

これでもう大丈夫です。 

帰ってくる言葉は、

 

 

「お、おう」

 

 

ぐらいです。

 

 

キャンパーの行き着く先

f:id:campmedaka:20170714143447j:image

これまでも何度となくキャンプの楽しみ方は人それぞれだと申し上げて参りましたが、今でもその気持ちは変わりません。

 

その上で、キャンプの楽しみを知るにつれ、連泊する日数が増えてきます。

 

いい感じに仕上がってくると遊牧民みたいになるかもしれません。

 

道具については、snowpeakやcolemanなどの大手メーカーやロゴス、ドッペル、キャプテンスタッグ、バンドックに至るまで、様々な商品をチェックしますが、自分の使い勝手の良いもの、つまり「オーダーメイド」が欲しくなります。

 

そして、オーダーメイドは高くて高くて高所恐怖症のたかはしには到底怖くて手が出せないので「ハンドメイド」、つまりDIYに傾く。

 

DIYとはご存知「Dead in yemen」(イエメンで死んだ)ですね!

Do it yourselfですね!

 

また、別の方向ではブッシュクラフトってのもあるし、手作りの良さを楽しむようになります。

 

超有名ブロガーのけいすけさんもK助さんも凄いの作ってます。

 

けいすけさん

 レザークラフト始めました〜!キャンプギアを自作するのも面白いですよ! – とりあえずキャンプ

 

K助さん

 

 

クオリティ高いし、オリジナル感あるし、最高ですよね。

ちなみに、たかはしが作ったスキレットのハンドルカバー(初号機)

f:id:campmedaka:20170714150006j:image

ひどいwww

 

でもいいんです!!

これはこれでいいんですー!!!

 

 

総括

如何でしたか?

キャンプ経験者と未経験者の違いについて触れましたが、「道具」に的を絞って記事にしてみました。

 

未経験者は、みんなと同じようなキャンプがしたい。

 

経験者は、オリジナリティを出し始める。

 

この違いが、道具に対する見方も変わってくるのかもしれません。

 

ちなみに、たかはしの知り合いには、電源サイトでしかキャンプをやらず、必ず炊飯器を持っていくツワモノもいます。

 

 

皆さん、自由に楽しいキャンプライフをお過ごしください!!

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

 

よかったらブックマークとツイッターのフォローをお願いします!!

音楽とはなにか。

ここ最近、ずっとキャンプの事ばかり書いてたので、頭がキャンプになってます。

 

 

わたくし、たかはし、バンドやってます。

 

 

今回は、キャンプキャンプした話ではなく、バンドバンドしてますので、気を付けて下さい。

 

 

音楽とは

f:id:campmedaka:20170712191045j:image

そもそも音楽とはなんなのか。

そこまで深く勉強したことはない。

 

「神に捧げる音」

とかそんな感じで生まれたんですかね?

 

音階やらメロディなんて概念もない中で「美しい」と感じる音色をどうやって作り出したのか。

 

不思議ですね。

 

 

音楽の方向性

f:id:campmedaka:20170712192215j:image

音楽は言葉の壁を破り、直接心に届く。

人類が持つ独特の遺伝子。

 

どんなジャンルの音楽であっても、少なからず、そこに思想や哲学がある。

 

逆に、何も考えなくたって、音楽によって癒されたり、ワクワクしたりする。

 

 

本当に不思議ですね。

 

 

ちなみに、たかはしはメロコアという、一般的には聞き慣れないジャンルのバンドをやってます。

 

パートはベースボーカルです。

ベースを弾きながら歌うってことです。

 

歌詞の内容や歌い方、音色やメロディで色んなことを表現出来ると思いますし、思想・表現は自由ですので、どんなものもアリだと思います。

 

 

世の中で音楽をやったことある人は沢山いると思います。

プロを目指した人も相当な数がいると思います。

 

その中で、音楽を生業としているひとは、ほんの一握り。

 

そこに、どんな差があるのか。

 

決して「上手い」からではないんです。

テレビに出るような有名アーティストより、はるかに上手い無名のミュージシャンは数え切れないほどいます。

 

その答えは簡単にはわからないだろうし、知らない方がいいことなのかもしれない。

 

 

音楽性

f:id:campmedaka:20170712195755j:image

結局何が言いたいのかというと、私は決して上手くないです。

いや、むしろ下手くそです。

 

バンドと言うよりは、個人的な考えですが、いくら神のようなテクニックがあろうが、聞いたこともないメロディを書くことができようが、物凄い切れ味の歌詞を吐こうが、そこに聴く人がいなければ意味がない。大いなる自己満足です。

 

めちゃめちゃ凄いテクニックを身につけても、壁に向かってたんじゃ意味がない。

 

人を置き去りにした音楽など、もはや無音です。

 

 

 

「この音で無し!!!」

 

 

 

音楽というものをどのように捉えるかは人それぞれ、自由です。

 

 

 

ある人は、売り物。

 

またある人は、自己顕示欲。

 

またある人は、武器。

 

 

 

色んな考え方があっていいと思うし、それ自体が無限の可能性なのだとも思う。

 

 

たかはしは音楽を「人をつなぐもの」と捉えてます。

 

もちろん上手いに越したことはないし、ライブでのミスなんてのは以ての外。

 

だけど、「テクニック史上主義」や「売れる・売れない」でバンドや音楽を推し量るのは、可能性を殺してしまう感じがする。

 

人がいてこそのバンド。

 

そこに挑戦があり、刺激があり、自身との戦いがある。

 

 

音楽性とは人間性なんだと思う。

 

 

「売れたいから」「いい曲を聴かせたいから」という大義名分で、メンバーを詰る人がいる。あたかもそれが一般論であり、多数派であるかのように。

 

これは本末転倒だと、たかはしは思う。

 

大事にしてる言葉に

「親をも愛さぬような者も多いのに、どうして他人を愛せようか」

 

とある。

 

一番身近な、目の前の人の心を掴むどころか、大切に出来ず、傷付けさえする人間が、お客さんの胸を打つ事が出来るわけがない。

 

 

人間性が未熟であれば、その人間からはそれなりの音しか発する事ができない。

 

と、たかはしは思う。

 

 

おわりに

善意の押し売りはまっぴらごめんです。

 

「この人と居たら楽しい」

「自分の力を引き出してくれる」

 

そんな人間に、たかはしはなりたい。

 

それが音楽。