ジャングルブログ

見切り発車で始めたこのブログ。キャンプのレポやエッセイを書いていきます。

キャンプの火起こしどうしてる?

わかってますよ。

 

 

 

 

 

 

わかってますって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにキャンプのばっか一生懸命書いたって、

 

 

 

 

 

 

 

 

CAMPHACKさんには敵わないってことぐらい

 

 

 

 

 

 

わかってるんです。

 

 

 

 

 

 

でもなぜ書くのか。

 

 

 

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

 

あなたが読んでくれるからです!!!(ババーンッ!)

 

 

 

 

改行多めに始まりました今回のお話は「火起こし」です。

 

 f:id:campmedaka:20170526091416j:image

 

キャンプに「火」は必要不可欠な存在ですよね。

 

「火」のルビは「ひ」ではなく「キャンプ」です!!

 

 

燃焼の三要素

「可燃物」「熱源」「酸素」

 

この3つが揃った時、はじめて熱と光を出す現象、つまり「火」が出現します。

 

地球上で火を扱えるのは人間だけです。

即ち焚き火は人間である証です!

 

「火」と書いて「にんげん」と読むッ!!!

 

 

 

「前置きが長い」とクレームの電話が鳴り止みません。

 

 

ごめんなさい皆さん。

 

 

ごめんなさいあの時のヤンキー。

 

 

 

さて、本題です。

 

 

皆さんは、キャンプでの焚き火やBBQの時に、どうやって火起こししてますか?

 

 

薪や炭に、着火剤や割り箸などに火をつけて、燻ってきた後に必要な行為。

 

 

それは、

 

 

酸素の供給です。

 

 

私も、やり始めの頃は「団扇(うちわ)」以外の選択肢はありませんでした。

 

 

 

実は色々あるんです。

 

 

たとえば、

 

 

 

送風機

f:id:campmedaka:20170526005533j:image

 

なんか海外の暖炉とかで使ってそうですね。

 1,700円

 

 

 

ファイヤーブラスター

f:id:campmedaka:20170526004445j:image

 

息を吹くパターンです。

キャンプブログの王様、CAMPHACK様でも紹介されてました。4000円もします。。

 

 

他にも、

 

 

 

「自作 火吹き棒 ファイヤーブラスター」などで検索すると色々出てきます。

 

ニトリの孫の手 380円

・自撮り棒 100均

 

あたりが人気です。

 

 

 

 

そして、なんといっても、

 

 

 

 

我が家はコレ

 

f:id:campmedaka:20170526084209j:image

 

火吹き竹

370円

 

 

もう、あれですね。結局はここに還ってくるのか的な。

江戸感ハンパないですが、最高のシロモノです。

 

ドッペルギャンガーさんあたりから

バンブーメラゾーマ

とか商品名つければイメージも変わってくるのにな。

 

 

ちなみに、うちの着火剤は「杉の葉」とか「松ぼっくり」です。

 

 

 

ネイチャーでしょ。